期間工で働くメリットとは

期間工というのは、基本3年未満を最大として工場での勤務をする形態です。

求人企業の最大大手は自動車メーカーです。

大手ですので、絶対に無茶がありませんし、約束事は守られます。新聞チラシに載っているものもフリーペーパー等で見つけたものも同じことが書いてあるます。

文字の制限もありますので、インターネットの環境があればこちらで確認したほうがより詳しい明細が載っています。

基本的に自動車工場は土日が休みで祝日は関係なく動きます。


但し、ゴールデンウイークや年末年始など大型連休はあります。給与体系が時間給での計算になりますのであまり大型連休があるとその月は給料が少なくなるのはデメリットかもしれません。



ただ、通常のバイトと違って完全個室寮完備で光熱費も無料です。必要なのはご飯代くらいですが、食堂を利用できますのでめったなことが無い限り給与を使い果たすなんてことはありません。

また、最大の特徴として6ヵ月後との一時金(ボーナスのようなもの)が約束されています。

気軽にジョルダンニュース!情報を網羅した総合サイトです。

通常の会社で半年働いても寸志も出ないことを考えると、期間が3年未満と決まっていてもまとまったお金を作ろうと思えば、この一時金だけを3年分貯金しておくだけでも相当な額、約300万程度になります。

これは、一時金だけの額ですので、毎月の給与も計算するとたった3年で総支給額は1000万程度になる計算です。



期間工の一番良いところはずるずると引き延ばしが無くけじめをつけることが出来るというのも良いところです。
通常のアルバイトですと1日8時間働いて給料20万になるかどうかです。

でも食っていけるだけにその生活から抜けることが出来ず年だけ重ね、やめると次の就職先が無いなんてことが良くあります。

期間工は人員の調整に使われているだけだという避難もありますが、ずるずる低賃金でアルバイトをするよりはまとまった金額を目的を持って働く期間工スタイルはメリットが大きいです。

Copyright (C) 2016 期間工で働くメリットとは All Rights Reserved.