モービルマッピングの活用メリットについて

走行しながら高精度な計測ができるシステムにモービルマッピングがあります。


モービルマッピングはGPSやレーザー、カメラなどの機器を搭載する車両を用いた移動式高精度3次元計測システムになっており、計測だけでなく、空間データを加工したり3次元データとして活用することができます。

現在、モービルラッピングは様々な業界で活用されています。

自治体における公共測量をはじめとして、インフラ維持や管理など幅広い分野で活用されており、主な業界としては、土木・建設コンサルタント、測量業界、建設業界、地図業界、自動車業界、インフラ業界などがあります。


例えば、代表的な内容としては道路マネジメントを挙げることができます。まず、道路台帳や地形図、基盤地図の整備への活用があり、正確で精密な現況把握や、取得をしたデータを数値図化することで地図の基本となる道路敷設・道路骨格データを高精度で作成することができます。

モービルマッピング情報に精通したサイトです。

道路周辺環境を3次元データ化することで、道路施設台帳や道路付属物の維持も可能になります。


モービルマッピングでは、通常の管理では詳細な位置特定がしにくい道路標示や、ガードレール・マンホール・電柱といった様々な道路付属物の正確な位置情報を取得することができます。ここでのデータベースを利用することで、道路インフラに関する総合的な維持管理構築ができるようになります。



システムは施設設計支援ツールとしても活用することができます。

データを活用することで任意地点での縦断図や横断図の作成が可能になり、例えば、橋梁など構造物の下からレーザーを照射して3次元点群データを重畳し、3次元設計や情報化施工に活用することもできます。