モービルマッピングとはどのようなシステムか

モービルマッピングは、簡単には、車載型による移動式高精度3次元計測システムのことを指します。


具体的には車両に様々な計測機器を搭載し、走行しながら建物・道路形状・標識・ガードレール・路面文字・マンホールなどの道路周辺の3次元位置情報を高精度・効率的に取得します。

モービルマッピングの優良サイトの情報を公開中です。

モービルマッピングに搭載される機器は車両のタイプによって数や配置は異なるものの、GPS、カメラ、標準レーザー、全周囲カメラ、長距離レーザー、IMU、オドメトリがあり、非常に制度の高い機器が使用されています。
因みにオドメトリは高架下など、衛星不可視状況下でも計測ができる機器を指します。



システムではこれらの機器を用いることでデータの蓄積が行われ、測位処理、3次元化処理、認識処理が施されたのちに正確な情報として提供されます。


作業は初期化走行、計測作業、終了走行の内容があり、実際の計測作業に関しては運転手とオペレーターの2名によって行われます。



計測は時速20?〜80?の範囲であれば行うことができ、初期化走行と終了走行は必須科目ではないものの、精度向上のための実施項目として設けられています。

モービルマッピングの最大の特徴は精度の高さと計測したデータを様々な分野で利用できる点があります。

現在、多彩やアプリケーションが開発されており、例えば、取得した走行軌跡や走行画像、走行動画、点群データなどを1画面で閲覧できるツールがあります。
他にも画像ツールや図化ツール、点群編集ツールなどがあり、各企業は事業内容に合わせて活用をすることができます。