ヘリ撮影を選ぶメリットとデメリット

上空からの撮影をする場合はセスナやドローンで撮影する方法もありますが、ヘリも良く使われる方法の一つです。

ヘリを選んだ時のメリットは滞空時間がドローンと比べて長い事です。ドローンの場合は一度に30分ほどしか飛べませんが、ヘリであれば少なくとも2から3時間以上は連続して飛行する事ができます。

セスナと比べた時のメリットとして挙げられるのはホバリングという上空で一ヵ所に留まって撮影する方法ができる事です。

被写体を上空から一ヵ所に留まって映したい場合に向いている方法です。

ヘリの撮影の人気が上昇しています。

セスナやドローンを利用する時と比べてヘリを利用する時のデメリットもあります。
ドローンと比べた時はまず費用が高額だというデメリットがあります。


ドローンはコスト面でかなり優れているので、それと比べると平均で10倍以上のコストが必要になります。

またドローンのように極端な低空飛行をして被写体に寄って撮影する事はできません。


セスナと比べた場合も費用の面で劣ってしまいます。



セスナと比べて平均で5倍ほどの費用がかかるので、ドローンと比べた時ほどではないものの費用に大きな差があります。

セスナは高い高度まで上昇する事ができるので、高度300メートル以上から撮影する事が可能です。



しかしヘリではセスナほど高い高度まで上昇して写真を撮る事ができません。

それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、予算や撮る予定の写真によって最適な方法を選ぶと良いです。